忍者ブログ
2018/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手・一言メセありがとうございます♪


>うさ耳副長~さま
はじめまして。うさ耳で本当に良かったのか疑問でしたが、頂いたメッセージを読んで悩みが吹っ飛びました(笑)
ありがとうございました♪
 
 
>ぺるさま
はじめまして。最近は偏見報道を批判するメディアも見受けるようになりました。今日の反日メディア糾弾デモの様子をネットで見ていても、矢面に立っている新聞社だけではなく、地方紙の名前も出ていました。左右の傾きを修正するのに信長に傾けて貰うのは名案だと思います。それで均衡が取れるような気がします(笑)
 時事を自サイトで扱うにあたり考えましたが、連日のニュースに我慢できず書き出したのがきっかけです。これについて色んな意見を聞けるのがとても嬉しく、とても勉強になります。今の問題が落ち着くまで更新文または雑記で書いていきたいと思いますので、気が向いたらメッセージを頂けると嬉しいです。
 温かいメッセージをありがとうございました♪

拍手

PR
 拍手・一言メセありがとうございます。


>葉さま
 オスプレイ反対の国民の声・・・。この中には“プロ市民”が多数混ざっているようのでなんとも言い難いです。
それと、反対者はどこまで理解しているのか。反対の声ばかりを取り上げて、配置理由について取り上げるマスコミは少ないように感じます。なのでここに少しだけ・・・。
 米国本土やハワイが反対の理由ですが、本土は「オスプレイ」に反対ではなく「低空飛行訓練に反対」。デモや訴訟問題もなかったとか。ハワイは訓練専用であり、対外危機がないので急いで導入する必要性がないということです。
  一方の日本ですが、米国からの押し売りもあったようですが、導入以前より「中国の動きが怪しい」こと。これに尽きます。そしてこの”怪しい”が今まさに該当しており、米軍が米空母2隻を展開・ステルス機を配置などで中国を牽制していてる最中です。オスプレイを普天間に配置することで、有事の際には海軍が展開しやすい利点があり、これも中国の牽制になります。
 ※現在普天間にある旧式ヘリのほうが事故率は高く、今回配置されたオスプレイの型は事故率が少ない。 (10万時間で1.98%)事故は離陸時に発生しているため、万が一の事故は基地で起こる可能性が高い。事故率は特殊訓練中であった事も含まれる。
 
 前回の記事にも書きましたが、中国は11月に尖閣での宣戦布告をしています。下手をしたらフォークランド戦の再来じゃないでしょうか。はったりかもしれませんが、中共は背水の陣となっている状況なので何するか分かりません。   
 なので、今やるべき事は米軍同様、“中共への牽制”が優先事項かと。
 そして危機回避ができた時点で法改正、国防の見直しを行い、米国に対する依存を減らしていく必要があるかと思います。
  ちなみに米国は、諸外国の防衛も兼ねてるので忠告を聞かない中国に怒り心頭だと思います。
 長文になってしまいすいません;コメントありがとうございました!

拍手

 拍手・一言メセありがとうございます・・・!


>モズクさま
 いつも読んで頂きありがとうございます・・・!
 ネットや雑誌、メディアを通して見ても中立の意見は少ないように感じます。それと各国のニュース記事は中国のプロパガンダの影響のせいでしょうか。ついついイラっとして、土方に代弁してもらってます;
 今日明日で解決する問題でもなく、長期化すると思いますが、政府には腰を引くことなく強気な対応をしてほしいですね。
 一昨日は友人とこの話題で盛り上がりましたが、モズクさまとも本当に熱く語り合えそうです(笑)また熱いコメントを楽しみにしております。
 ありがとうございました♪

拍手

| HOME Next >>
Copyright ©  -- 雑記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]